学院長あいさつ

学校法人愛知学院 学院長 小出 忠孝

学院長 小出 忠孝  愛知学院は明治9年(1876年)に開祖道元禅師の教えを建学の精神として創立された曹洞宗設立の私学であり、中部地区で最も古い歴史と伝統を有する学園であります。現在では大学院・大学・短大・専門学校・高等学校(男女共学)・中学校(男女共学)に、学生・生徒数約15,000名を有する中部地区最大級の規模と充実した内容の私立の総合学園へと発展することができました。これもひとえに多くの皆様のご指導、ご支援の賜であり、心よりお礼申し上げます。

  本学院は戦後の学制改革により新制の愛知中学、愛知高校を開設ののち、昭和25年に愛知学院短期大学を、昭和28年に道元禅師七〇〇回大遠忌の報恩事業として愛知学院大学を創設、戦後のわが国高等教育界発展のトップを歩みました。昭和36年には中部地区最初の歯学部を創設し、歯科医学発展に貢献するとともに大愛知学院発展の原動力となりました。また昭和51年には学院創立百周年を記念し、名古屋市郊外に約50万㎡の緑豊かで広大な日進キャンパスを開設し大学の飛躍的成長の基礎となりました。その後わが国の高度経済成長に伴い、次々と新学部・学科の増設、各学部の定員増、大学院の新設等を行い社会の要請に応えてきました。また平成26年春、名古屋市内名城公園東に隣接する新キャンパスを開設いたしました。大名古屋経済圏の中心に位置したこのキャンパスでは商、経営、経済のビジネス系三学部の専門課程を移転し、社会と密接な連携のもと大都市名古屋の知的拠点を構築、また官公庁をはじめ経済界及び各界との交流拠点を形成致します。さらに市民講座や近隣商店街との連携をはじめ、大学と地域が結びつき名古屋の経済及び文化発展の核・社会貢献センターとなることをめざします。

  以上、本学院では時代の変化に対応し絶えず改革の努力を続け、更なる教育研究の充実に努めております。しかし一方私学として決して「変えてはならないもの」「堅持し続けなければならないもの」すなわち建学の精神があります。本学院の建学の精神は、「仏教精神、特に禅的教養を基にし、『行学一体』の人格育成に努め、『報恩感謝』の生活のできる社会人を育成し、広く世の各界に寄与する」ことにあります。現在は「物の豊かさ」より「心の豊かさ」が強く求められる時代になってきています。本学院のこの教育理念は、現代の時代の要請に最も適したものと私は信じています。本学院の建学の精神を体した学生を、一人でも多く社会に送り出すことが、私学としての本学院の特色であり、また使命であると考えております。

  愛知学院が社会に貢献すべくさらに発展していくために今後も努力を重ねていく覚悟でありますので、今後とも変わらぬご支援、ご指導、ご鞭燵をお願いする次第であります。